7月 5, 2012

ケルベロスの肖像

田口先生と白鳥さんシリーズの最終巻という割には、田口先生も白鳥さんも活躍しない。 他のシリーズと絡めてくるのはいいとして、それが話の中核に食い込んでしまい、知らなければあまり意味が分からないというのはどうなのでしょうね? 話そのものがどうこうというよりも、これが田口×白鳥最終巻!と銘打たれたことに違和感がぬぐえず、消化不良でした(´・ω・`)

7月 5, 2012

ケルベロスの肖像

田口先生と白鳥さんシリーズの最終巻という割には、田口先生も白鳥さんも活躍しない。 他のシリーズと絡めてくるのはいいとして、それが話の中核に食い込んでしまい、知らなければあまり意味が分からないというのはどうなのでしょうね? 話そのものがどうこうというよりも、これが田口×白鳥最終巻!と銘打たれたことに違和感がぬぐえず、消化不良でした(´・ω・`)

7月 5, 2012

KIKUMIMIC+BOOKS 2012-07-05 09:58:39

田口先生と白鳥さんシリーズの最終巻という割には、田口先生も白鳥さんも活躍しない。 他のシリーズと絡めてくるのはいいとして、それが話の中核に食い込んでしまい、知らなければあまり意味が分からないというのはどうなのでしょうね? 話そのものがどうこうというよりも、これが田口×白鳥最終巻!と銘打たれたことに違和感がぬぐえず、消化不良でした(´・ω・`)

4月 27, 2012

KIKUMIMIC+BOOKS 2012-04-27 16:51:36

意外な人物が絡み合っていくという点ではちょっと伊坂さんあたりを思い出すけど、あそこまで意外で精緻なわけではなく、なんとなーくヒントが散りばめられていて、ああ、なるほどねーと思いながら読んでいける。 おもしろかったけれど、登場人物の個性を強調しようとしすぎて、ちょっと思い入れできない部分が私にはあったので……。

4月 27, 2012

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

意外な人物が絡み合っていくという点ではちょっと伊坂さんあたりを思い出すけど、あそこまで意外で精緻なわけではなく、なんとなーくヒントが散りばめられていて、ああ、なるほどねーと思いながら読んでいける。 おもしろかったけれど、登場人物の個性を強調しようとしすぎて、ちょっと思い入れできない部分が私にはあったので……。

4月 27, 2012

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

意外な人物が絡み合っていくという点ではちょっと伊坂さんあたりを思い出すけど、あそこまで意外で精緻なわけではなく、なんとなーくヒントが散りばめられていて、ああ、なるほどねーと思いながら読んでいける。 おもしろかったけれど、登場人物の個性を強調しようとしすぎて、ちょっと思い入れできない部分が私にはあったので……。

4月 27, 2012

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

意外な人物が絡み合っていくという点ではちょっと伊坂さんあたりを思い出すけど、あそこまで意外で精緻なわけではなく、なんとなーくヒントが散りばめられていて、ああ、なるほどねーと思いながら読んでいける。 おもしろかったけれど、登場人物の個性を強調しようとしすぎて、ちょっと思い入れできない部分が私にはあったので……。

4月 16, 2012

KIKUMIMIC+BOOKS 2012-04-16 11:12:07

気になっているけど手をこまねいているうちに本屋大賞をとってしまって、ミーハーと思われそうだけど、やっぱり気になったので購入。 面白かった!に尽きます。 ある意味淡々と進んでいく話なのに、声を出して笑ったし、涙ぐんでしまったし、一気に読まされてしまった。 言葉を愛する人は、とても気持ちよく読める本。

4月 16, 2012

舟を編む

気になっているけど手をこまねいているうちに本屋大賞をとってしまって、ミーハーと思われそうだけど、やっぱり気になったので購入。 面白かった!に尽きます。 ある意味淡々と進んでいく話なのに、声を出して笑ったし、涙ぐんでしまったし、一気に読まされてしまった。 言葉を愛する人は、とても気持ちよく読める本。

4月 16, 2012

舟を編む

気になっているけど手をこまねいているうちに本屋大賞をとってしまって、ミーハーと思われそうだけど、やっぱり気になったので購入。 面白かった!に尽きます。 ある意味淡々と進んでいく話なのに、声を出して笑ったし、涙ぐんでしまったし、一気に読まされてしまった。 言葉を愛する人は、とても気持ちよく読める本。

4月 11, 2012

KIKUMIMIC+BOOKS 2012-04-11 15:20:42

湯川先生がそこまで首をつっこむことになる最初のキッカケがちょっと腑に落ちないなと思ったまま読んでいました。 その後、ガリレオシリーズ番外編というか、外伝というか、そういう感じで読めばしっくりくるし、もっと楽しめたかな、と思った。

4月 11, 2012

聖女の救済 (文春文庫)

湯川先生がそこまで首をつっこむことになる最初のキッカケがちょっと腑に落ちないなと思ったまま読んでいました。 その後、ガリレオシリーズ番外編というか、外伝というか、そういう感じで読めばしっくりくるし、もっと楽しめたかな、と思った。

4月 11, 2012

聖女の救済 (文春文庫)

湯川先生がそこまで首をつっこむことになる最初のキッカケがちょっと腑に落ちないなと思ったまま読んでいました。 その後、ガリレオシリーズ番外編というか、外伝というか、そういう感じで読めばしっくりくるし、もっと楽しめたかな、と思った。

3月 20, 2012

みさおとふくまる

こんな写真を撮ってみたいのか、こんな暮らしをしてみたいのか、こんな猫との絆を築きたいのか、どれかはよくわからないけど、憧れと感動で涙がでる。 何でもなくただ一緒にいる2人の姿が何度見ても素晴らしい。

3月 20, 2012

KIKUMIMIC+BOOKS 2012-03-20 19:54:20

こんな写真を撮ってみたいのか、こんな暮らしをしてみたいのか、こんな猫との絆を築きたいのか、どれかはよくわからないけど、憧れと感動で涙がでる。 何でもなくただ一緒にいる2人の姿が何度見ても素晴らしい。

3月 20, 2012

みさおとふくまる

こんな写真を撮ってみたいのか、こんな暮らしをしてみたいのか、こんな猫との絆を築きたいのか、どれかはよくわからないけど、憧れと感動で涙がでる。 何でもなくただ一緒にいる2人の姿が何度見ても素晴らしい。